今と昔では結婚後の女性の生き方が違う

いわゆる「結婚」の意味も、時代の流れとともにどんどん移り変わってきている。たった四十年前の結婚だって、今では考えられないようなものだったのだ。
今年のお正月、久しぶりに母と二人で昼下がりの街を歩いていると、母がこんなことを言った。
「あ-、気持ちがいいね。こんな時間に外を歩いてると、なんて幸せなんだろうって思う。
昔は急いでお使いに行って帰ってくるくらいで、こうやってのんびり歩ける時間ができるなんて考えられなかったものね」
まだ三時過ぎだというのに、早くも冬の陽ざしはそろそろ傾きかけて、空がうっすらと赤くなっていたが、
平年よりはずいぶんと暖かい気温のせいか、街全体がのんびりして見えた。そんな光景を、彼女は六十一歳にしてやっと手に入れたのだ。

経験値を上げるにはまず相手がいないとね。ここ→から候補をたくさん探せるよ。

父とは恋愛結婚だったが、ひと回りも年上の大正生まれの父は、亭主関白で、大げさに言えば妻の人権など認めないような人だった。
妻は買い物に出かける以外は家に居て、自由な行動などしてはいけない、と当然のように思っていたようだ。
もちろん母だって、父が仕事に出かけている間にたった三十分の自分の時間が作れなかったわけではないだろう。
けれども、姑が隣りに住み、しかも下町の、外を歩けばどこどこの奥さんとわかってしまう世間の中では、一挙一動が見張られているような感覚だったんじゃないかと思う。
二十歳で嫁いでからずっと、ぼんやり外を歩くことさえできなかったのだ。

DY043_L

変化した結婚像

昔は妻は○○家という家に嫁ぎ、夫や姑に遣える。
そのかわりその家の人間として、社会から認知され、一生食べさせてもらう。夫や妻という役割を果たすことが夫婦という考え方だったのだ。
けれども、ニューファミリーという言葉が生まれ、ディンクスという言葉が生まれ・・・、
時代とともに一般的な結婚像も移り変わってきた。そして今や、やっと自由に自分たちの結婚ができる時代になりつつある。

それなのに、だれもが、「結婚」という言葉に、恐怖したり、執着したり、逃げたり、焦ったりしてはいないだろうか。
それを打ち破って、自分たちの「結婚」を作りあげていくことに、不安を感じてはいないだろうか。
それは、やっぱりだれもが、「結婚」とはこういうものだという「刷り込み」から自由になれないでいるからじゃないかと思う。
この間、ある雑誌で熟年離婚の取材をしたときに、ニューファミリーを夢見たという五十歳の女性がこんなことを言っていた。
「結婚するときには、”これからの女性は家事や子育てだけじゃなくて、自分の世界を持つべきだって、
だから妻が夫に従属するんじゃないフィフティーフィフティーの夫婦をやっていこう”って言ってたんです。
でも、彼にとってそれは、家事や子育てをちゃんとやった上での話だったんですよね」

コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

彼女は一時代前の既存の結婚観にとらわれず、自分たちの結婚を作ろうとした。結果的にはそれは実現せず、五十歳を前に二人は別れた。
けれど、それができなかったのは、たんに夫の協力が得られなかったということだけではないというのだ。
「私も甘かったと思うのは、フィフティーフィフティーって主張しながら、仕事を続けなかったことだと思います。
結局昔の耐えていくタイプの女性像を体に刻み込まれて育ってるから自分の仕事は二の次にして、家庭生活のことを一番に考えてしまった。
子育てが終わって仕事を再開したときも、あたりまえだが家庭生活を壊さない程度のことしかしなかった。
夫も体で覚えているのは昔の縦のものを横にもしない夫像だから、年とともにそれに近づいていったんです。
しかも、当時は高度成長の時代で、女は結婚したら家庭に入るっていうのが当然の感覚だったですから」
小さいころからの父と母の夫婦像の刷り込みが、自分の結婚観を邪魔するのだ。しかも、時代やその地域の「結婚とはそういうものだ」という価値観の影響も大きい。

DY042_L

彼の為に尽くすことが幸せではない

小さいころから「好きな人のもとに嫁ぐ」ということが最高の幸せというイメージの中で育った。
この私ですら、二十代前半までは、彼のために料理を作り、彼のためにアイロンをかけることが幸せだと思っていた。
いや、今だって、人を好きになれば、そのころの刷り込みが甦る。けれど、片付けに無能でいつも飲み屋で夕食を食べているような私がまともに家事ができるとは思えない。
万が一だれかと結婚することがあったとして、どこかで家事のできない自分を恥じてしまうような気がする。
できないことがあったって、お互いに助け合ってゼロから努力すればいいことなのだ。
結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。
二人で話し合って、二人の結婚像を作りあげればいい。人と人が出会い、ともに暮らすわけだから、二人で育てていけばいい。けれど、それも怖いのだ。
そこまで心を開いてコミュニケーションして、それでもわかり合えなかったらどうしようと思う。
いっしょに暮らすことで、二人の間が冷めていったらどうしようと思う。そうやって結婚という言葉から逃げている人が、本当はたくさんいるんじゃないだろうか。

結婚観もそれぞれだし、結婚するもしないも本人が決めることだ。けれど、せっかくの人生なら、一度自分の結婚っていうヤシに向き合ってもいいんじゃないかと思う。
アムロの結婚に街が華やいだのは、テレビ中継が入るような式も挙げず、一年したら仕事にも復帰すると淡々という二十歳の女の子に、「いろんな結婚があるんだ」という可能
性をわずかながらでも感じたからじゃないのだろうか。

DY045_L

結婚には夢も希望もいっぱいです

そこで、若いあなたのご主人の性生活をお考えになるぱあい、このような青年のぱあいをひとつ考えていただきたいのです。男性の性欲は発散型なのです。そしてそれだからこそ厄介なのです。

素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。

「結婚に夢なんてぜんぜんない・・・。両親は親の反対を押し切ってかけおちまでして結婚したのに、小さいころから仲が悪くて夫婦ゲンカばかりしていたんです。好きで結婚したって結局こんなものなんだって、すごく冷めて見てましたね。ウチの父は女が外に出歩くのを嫌いだったので、母は篭の鳥状態で、近所の人とのつき合いもぜんぜんなかったんですよ。そういう親の社会生活の不適合さみたいなものが、私たち子供に返ってきて、社会に出たときにどうやって目上の人と話したらいいかわからなかった。仕事の話はできても、世間話ができないんです。
でも、そういう私が結婚したって、また子供ができたときに同じことやらないとも限らないでしよ。また、私の子供が不幸になるのかなって思ったら、すごく重荷で、本当に結婚って墓場だなって感じ。自分が何かやったときにも、”あそこの奥さんがこんなことして”って、自分の責任が自分で持てない。自分の尻拭いだけは自分でやりたいと思うけど、結婚することで一つの社会を作っちゃったら、それもかなわないですからね」

宮沢久美さんは、そう言ってきつい煙草に火をつける。細い体にキリっとした顔立ち、体にピッタリした黒いセーターにタイトスカート・・・、すきのない人だというのが第一印象だった。が、おいしそうに煙草を吸いながら微笑むと、子供のようなあどけなさが漂う。

何か不思議な魅力のある人だ。現在二十七歳、知人の経営する企業関係のリサーチの会社で働いている。けれど、その仕事でプロフェッショナルなキャリアを積もうという気はさらさらない。歩合制でやった分だけ稼げるので、たまたま知り合いのつてがあったその仕事についただけで、仕事はお金を稼ぐ方法の一つとしか考えていないという。

DY044_L

夫婦の生活

夫婦の生活が一般にしっくり調和しないぱあい、その不調和の根本に性の不満が横たわっている場合はむろん少なくありません。けれども、一方また、性的調和がうまくゆかない原因が性そのもののうちにではなく性とそれほど関係のないなにかの原因によるぱあいもありましょう。夫婦生活のなかで性がしめる役割を、それだけ切り離して論ずべきではありません。結婚生活のなかの性は、じつはさまざまな要素からなり立っているひとつの全体なのです。そしてけっして龍なる生理的関係ではないのです。性は夫婦の生活のあらゆる部面にしみ通っているものであり、逆にまたあらゆる生活の部面がセックスの世界に影響を及ぼしているのです。昼間はいつも犬と猿のようで、夜はいつもおしどりみたいな夫婦というものは、おかしなものだと思います。とにかく、性生活を切り離して考えるのは、夫婦のぱあい、まちがっています。もうひとつ大切な注意は、性生活を『本能』だときめてかからぬことです。伝統と習慣と教育によって、私たちのいわゆる『本能』と呼んでいるものは修正されています。動物の性本能や性的結合は、もはやどんな形ででも人間の世界にはないのです。夫婦の欲望やいとなみを、動物の性本能や、その満足のように、単純きわまるものと考えたとしたら、これはたいへんなまちがいです。人間の性の世界には、人間のこころl感情が強くしみこんでいます。性生活がしっくりゆかない、そのために夫婦仲が冷たいようだと、自分で診断なさるのをしばらくやめて、お互に、性の生活において、お互が何を要求しているかを知ろうと努めてほしいのです。まず相手がいないと、何もできないので、ここ→で相手を探してください。

DK031_L

夫婦の医学

夫婦の医学、生理についてあなた方が知ることは、結局、このような「夫婦の途」をいっそう完全にするためのひとつの方法にすぎないのです。妻であること、母であること、女であること、この三つのものはちがっているのです。これを日左の生活の中でみごとに調和し統一させることができたとき、あなたはあなたの家庭をエデンの園にかえることができるのです。私はむつかしいことをいっているのではないのです。たとえば、あなたがいまふたりの子供の母であるとしましょう。あなたと、良人と、子供たちと四人はいま夕食をすませました。たのしい雑談の時間です。そのぱあい、あなたは、妻であり、母であり、女であればいいのです。おわかりでしょうか、もういちど、書きましょう。妻だけでありすぎないこと女だけでありすぎないこと母だけでありすぎないことあなたの夫があまりにも、生活の一から十まで、会社員でありすぎたとしたら、あなたは満足なさいますか?あなたの夫が会社はそっちのけで、あまりにも夫でありすぎたら、あなたはそ れでみち足りますか?あるいはまた、あなたの夫があまりに父親でありすぎたら、あなたは満足なさいますか?相性が合う結婚相手を結婚相談所 選び方 でみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。

それからもうひとつ、ご主人がどのような情況において性欲を感ずるのか、元気の満ちあふれているときか、疲れているときか、幸福な気分にあるときか、なにか面白くないことでも経験しているときか、lそういったことをも、ご主人に率直に話してもらったらと思います。

DK028_L

夫婦間の問題

性欲と食欲とは、むろんいろんな点でちがっています。けれども夫婦間の問題として性欲を考え、あるいはまた、これをお互いの幸福のための意識的な基礎としようとするぱあい、これを食欲になぞらえてお互いに考え、また話し合うとしたらどうでしょう。「私、きょう食欲ないの?」たとえばこんなふうにいうとしたら、ぞんがい、ろプスヲとこのむずかしい問題も、お互いの意志や欲望を疎通し合えるのじやないでしょうか。性の世界で、どっちか一方が、他方を積極的にリードするように心がけるのは、よくないと思います。リードするのではなくて、お互いに手を引き引かれ合う、もっとちがったふうにいえば、お互いに率直に協力し合う、お互いの喜びをいっそう高めるために協力し合うことが必要なのです。なにしろ、食欲はひとりでも満たすことができますが、性欲はふたりで満たし合うのでなければ、ほんとうに深く櫛たされたことにはならないのですから。性の世界こそ、もっとも深い協力と理解の必要な世界なのです。はじらいと率直さと、秘密と開放と、能動と他動と、与えるのと取るのと、これらの二組の行為の仕方を、あなたは、愛情において巧象に調和させようなどとお考えになったことはありませんか?月経とか避妊とか受胎とか、そうしたことについて、あなたも》」主人も必要な知識をもつことが大切だということはいうまでもありません。夫婦の性生活こそ、精神と肉体の一致調和を文字どおり実現させ得る機会なのです。素敵なパートナーに出会い系 サクラいない で、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。

DK046_L

せめて夫婦の間くらい

エリスという性の科学者は、こんなことをいっています。性欲は食欲にしばしばたとえられる。そこで、世の中のすべての人たちが、ちょうどいままで性についてかくしたがっていたように、食欲についても各人各様に、内密で欲望をみたしていたとしたら、いったい、どういうことになるだろうか。ある人は、自分は果物を食べていいのかしらと考えるでしょうし、他の人は肉類なんか食べないほうがいいと考えるかもしれない。人間の必要な栄養が、いまではちゃんと、科学的に研究され公開されているから、みんな、食物に関してうまくいっているのだ、ところが、性については各人各様にいとなんでいる。夫と妻は黙り合っている。これではとうてい、みんなが性について満ち足りた生活を送ることができないはずだ、と。たしかに私もそうだと思います。せめて夫婦の間くらい自分たちの性欲について率直に語り合うのがいいのではないでしょうか。あなたは、ご主人の食べものの好きぎらいについてよくご存じのはずです。ところで、あなたはご主人の性欲について何ほどのことをご存じですか?性欲について問わず語りに好いかげんに、お互いにわかり合うというやり方が、いままでふつうのょうでした。はっきりといわないことが礼儀正しいことだとされていました。けれどもそのためにどういうことが起ったでしょうか。夫の性欲を激しすぎると考えたり、自分のことをまるで、夫の性欲の奴隷のように思い込んだり、いろいろな誤解や思いすごしが夫婦間におきていたことと思います。しかも、これが金銭の問題かなんかでしたら、あからさまにいい合うこともできましょう。ところが、性の問題では、心に不満や怨恨があったとしても、これを明らさまにいうことはできなかったのです。そしてその結果、ふたりの間のミゾは、ますます深くなって行くぱあいが少なくなかったのです。
出会いはここ→に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

DK052_L

幸福の夫婦

マリー・ストープス女史というイギリスの女性解放論者はこんなことをいっています。私の知っているある夫婦は、性生活の点でたいへんよく調和している。つまり、妻の月経前後に、彼女の夫もまた、妻と同じように性欲を感ずる習慣を持ってしまったために、と。この夫婦がどういうふうにして、このような性生活の習慣をもつようになったものか、その点をストー・ブス女史は書いていないのですが、たしかに、男性の性欲にも、ある程度のリズムがある以上、妻の性欲のリズムIこれはもちろん月経を中心にして動いているのですがlと夫のそれとが一致するようになったとしたら夫も妻もたいへんしあわせだろうと思います。しかしこういう性欲時期の一致という幸福を夫婦がもつためには、夫婦がこの問題について、率直に話し合うことが、まず先決条件だと思います。お互いに黙って交わりながら、それで万事がうまくいっていると、この国の夫婦は、いままで考えて来たのですが、こういう態度をもっているかぎり、夫婦の性生活の調和を意識的につくりだすことは、できるものではありません。ですから、性について解放された考えをもつことが第一に必要だと思います。じっさい、夫婦の性生活において大切なことは、性についてのいろんな技巧を知ることではなくして、お互いのリズムを知ることです。性欲のリズムの調和lこれはもっとも基本的な調和だろうと思います。少なくともあなたの月経の時期、月経前後のあなたの気分や感情について、ひととおりご主人に、ちゃんと報告しておくのがいいのではないでしょうか。あなたはここで→出会いがない 社会人 出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?

DK072_L

夫婦の関係修復

男性というものは、おさえられた性欲をしばしば飛んでもないところに発散させるものです。ちょっとしたことに真剣になって怒り出してみたり、すぐ不機嫌になったり、ゆううつになったりします。そして男性自身、こういう怒りや不機嫌や、ゆううつが、満たされぬ性に、その発源地をもっているなどということは、ぜんぜん、気がつかないのです。まして女性であるあなたがたには、気のつきようもありません。そこで、ほんとうは満たされぬ性欲からきている感情を、ただ感情のまま切り離して処理しようとしますと、ますますこじれてしまうことが少なくないようです。あなたは、ご主人が彼の性欲を発散させた翌日、どんなふうになるか、いつもとちっとも態度や行動でちがっていないか、そういった眼でご主人を眺めたことがおありですか。あなたが注意ぶかい細心な女性であるならば、性生活と夫の気分との関係について、いままでのうちに、多少ならず思いあたるところがあったはずです。その反対に、性生活なんてものは、夜の生活だけであって、昼間には無関係なものだ、とあなたが考えていらっしゃるとしたら、これは一度考えなおしていただきたいのです。十八、九歳の青年をご存じだと思います。あの時期の青年くらい、始末の悪いものはないのです。今日は天気晴朗かと思えば、明日はいきなり暴風雨ぷたいに変化するlこういう激しい気分の変化の大半の原因は、満たされぬ性欲にあるのかもしれません。コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、結婚相談所 比較 で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

DK085_L

WordPress Themes